〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

【人間の努力は魅力的なしかも楽しいアイディアやプロジェクトに向かう。そうでないものからは遠ざかる】〜ゲイリー・ハメル(マネジメント理論家)

セラピストが関わる多くのプロジェクトは元々、魅力的なもののはず。
それがバランスが崩れてしまうのはなぜなんだろう?

僕自身の(ホロ苦い)経験上、往往にしてあったのがこういったことの数々。

自分の努力をチームメンバーに同様に求める。
結果にこだわりすぎて、そこまでのプロセスを飛ばす。
◯◯すべき、といったあるべき論が頭の中を占め始める。
共に関わる人へのリスペクトからくる目に見えた行動を欠く。
軌道修正するときに原点の感覚を低く捉える。

人や物事が遠ざかり始めてから引き返すのは物凄い大変でした。

なので、人が努力したくなるそういった感覚を無下にしてはいけない、と今ではそう思うのです。(文責:谷口晋一)


今回の群馬校のテーマは、プロフェッショナル講師のための学びでした。

参加された方の中には、海外の生徒にジャパニーズセラピストとしてビジネスマナー(おもてなしなど)をレクチャーしているセラピストもいます。

こんなときに日本のセラピストのこれからの未来を垣間見る事ができます。(文責:谷口晋一)



日々生きていれば。
自らに変化が必要と感じることがあります。

変化の理由を人工知能の時代とか社会情勢がどうとか言ったりしますが。。内側から湧き上がる感覚なので、まぁ後付けの所もあります。

湧き上がってきちゃうから仕方ない、というのがホントのところ。

で、それにもう一つ意味を加える。
“ターニングポイント”
分岐点という名の変化。

“ティッピングポイント”
臨界点という名の変化

“シフトチェンジ”
軌道修正という名の変化

“ギアチェンジ”
切り替えという名の変化

変化という言葉に都度プラスアルファで意味を持たせておきますと、それからの行動の指針となったりします。

なんだか言葉遊びみたいですが、実はマンツーマンサポートなどでセラピストと対峙する際にとても大切にしていることです。

サポートを受けるセラピストたちは、内側から湧き上がる感覚を言葉に置き換えることによって行動に指針を得ることができるからです。(文責:谷口晋一)


ここ数ヶ月。SNSタイムラインを見ていますと。
新たな学びを始めた(終えた)人が目にとまります。

改めて学びというのは『いつからでも。どこからでも。誰からでも。何からでも。』なんですね。

学校に通う人、書籍や学びを提供する人から、自然や出来事から、知人友人とのやりとりからだって。

物事への好奇心や想像すること、アンテナを立てたり、行動したり。

『学んだ後にそれがすぐに反映される訳じゃない。でも、(そのことを)学ばずにはいられない。』

そんなダイナミックなうごめきが僕のタイムライン上ではあります。(文責:谷口晋一)