〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

実はこの言葉。
オイルトリートメントを日本で初めて持ち込んだ男性セラピストと、セラピストの歩みについてやりとりしてきた中で聞いたもの。

ライスワークとは、いわゆる飯食う為の仕事(という意味で語られていました)
ライフワークとは、好きな事やプライベートに関すること。また得られる収入は少なくとも夢中になれること。


「いつかこれをやめて(手が離れて)これだけでやってけたらいいよね。」

そんな考えがあるにはあるのですが僕個人はライフワークとライスワークを今お持ちなら、
まずはその中で歩む事に集中することが何より大事なんじゃないかなぁと考えることがあります。

一本に絞るということは、一旦下げると簡単に切り替えられないブレーカースイッチをきる。ということ。
それは人生の決断として素晴らしいことです。

ですが、切り替え可能なオンオフスイッチでもってバランスを保つ日々ということもまた、大切な期間では?と。

「早くこれ一つに絞った方が、皆も喜ぶしもっと反応得られるはずだ」との自身の想い、もしくはそんな風に語る周辺など。

たぶん…そんなに単純ではない。(少なくとも見てきた中ではそう単純ではなかったです)

ライスワークでやってることでライフワークに活かせる事はまったくゼロ…ではないと気づく。

自身の大きな方向性は保ちつつ、絞るタイミングも両立させる期間も大切にできることが、まずは重要なんじゃないかと。

つまり…
そのアンテナを張りつつ、目の前の事にきちんと取り組んでいく。

一本に絞れていない後ろめたさや、どっちつかずに対する自身の苛立ちは、その本人にとっても関わる全ての人にとっても、決していい事ではない。

一つのブレーカーを下げるその瞬間は何かが教えてくれる。

僕は一本に絞れている人はもちろんのこと、必死にスイッチ切り替えてバランスを保ちながらも目の前の事をきちんと取り組む姿もリスペクトしています。

思えば今から6年前に出版した『福業のススメ』(あさ出版)もそんな想いで書いたんですよねぇ。
(文責:谷口晋一)

『9月の千葉校ではこのことを。』
◆  誰に声かけするのか?

告知はしたけど…
なかなか反応が悪くて。

そんなケースはよくあります。
ミニセミナーやワークショップは、テーマや日程、場所や費用などどれか一つでも条件に当てはまらなければ人は足を運びません。

そんなとき、知人や友人に声かけすることも大切なアクションの一つです。そこからどんな人に繋がるかわかりませんから。

じゃどんな人に声かけしたらいいのか?

インフルエンサー、コネクター、チェンジメーカー、プロフェッショナル。

この四つのタイプから声をかけると良いタイプなどを伝えようと思っています。

そう、のべつまくなしにではないのです。
(文責:谷口晋一)

〜9月25日千葉校オープンスクール開催


★  ブログが面白い人は〜メンタルケアセラピストのためのネット集客実践術

メンタルケアセラピストにとってのブログ。
もうこれは何より大切。となかば盲信的に語られています。

必死になってブログをアップしながら多くのセラピストはこう感じるのです。
『私のブログ、ちっとも面白くない…』

あづまさんは、DVD教材の中でこう語っています。

『面白いブログがかける人には特徴があります。○○…
だから普通の人は面白いブログを書こうとしなくてもいい。
むしろ集客を考えてのブログというものがあるんです。
それは…』

【メンタルケアセラピストのためのネット集客実践術〜あづまやすし】


『9月の千葉校ではこのことを。』
◆ セラピスト業界を眺めてみると

セラピストの業界を眺めてみると、ミニセミナーやワークショップは今後益々増えてくることが予想できます。

しかし。この業界だけではなく、いくつもの業界でも同じ流れなのです。

各々の業界は違えどなぜ、ミニセミナーやワークショップ開催の機運が高まっているか?を客観的に知ると、これからどういったテーマのコンテンツが良いかが明確に見えてきます。

そしてそれはそのまま、あなたが他業種との接点を広げていく機会ともなっていくのです。

そんなお話もまた。(文責:谷口晋一)

〜9月25日千葉校オープンスクール開催


★  どうやってリストを持つの?メンタルケアセラピストのためのネット集客。

インターネットに限らず集客の際にはリスト(あなたに興味を抱いている方の情報)を持つことの重要性。
DVD教材の中で恋愛セラピストのあづまさんも強調されていました。

しかし。
『名簿業者から買うんですか?』とインタビューしたところ…彼はきっぱり否定したんです。

「だって、そんな名簿、業者は持ってませんから。自分でリストアップできますよ」と。

じゃどうやって自分で“自分に興味ある方”を見つけていくんですか?との問いに、彼はものすごくアナログで、かつシンプルな方法を教えてくれたのです。

【メンタルケアセラピストのためのネット集客実践術〜あづまやすし】
http://www.relax-d.com/contents_366.html

『9月の千葉校ではこのことを。』
◆ リハーサルをすることの意味

実際にセミナーが開催できるようになった。
それでホッとしては…ダメですよね。

あなた自身が講師である場合、準備したコンテンツをしっかり進めていかねばなりません。
一番いけないのは、「テキストが前日の夜中にやっと完成した」という突貫型パターン。

たとえ少人数であってもリハーサルを繰り返して当日に備えていただきたいのです。
ところでリハーサルをすることの真の意味はなんでしょう?

それは、
参加者をよりイメージすることができるということ。
少人数であればあるほど、一人ひとりをイメージする事を大切にしてほしい。

すると参加者の反応が目に見えて変化してきます。

今回はそんなリハーサルのポイントもお伝えします。
(文責:谷口晋一)

〜9月25日千葉校オープンスクール開催




★  メンタルケアセラピストはどうやって集客すればいい?

『セッションやカウンセリングの場合、集客しにくいんです』
これは時々メンタルケアセラピストから聞く言葉です。

セラピスト業界においてもジャンルやスタイルによって集客方法は様々です。
王道というものは存在しません。

しかし、メンタルケアセラピストにとってはインターネット集客との相性はとても良いです。
なぜならネットは完全でないとはいえ秘匿性が守られているからです。
つまり誰がどういう状態でホームページなどを訪問しているか本人の表情などはわからない。

これはクライアントにとって「ちょっと興味がある」段階から接点を持ってくれます。
では、メンタルケアセラピストはその興味をもたれた人たちにどう気づいてもらえるようにするのか?

このDVD教材には余すところなく語られています。

【メンタルケアセラピストのためのネット集客実践術〜あづまやすし】

『9月の千葉校ではこのことを。』
◆ 三つの自己○○に陥らないために

今回はセミナーやワークショップ構築の6つのステップを学びますが、これは他業界でも取り入れている基本的プランです。

それができるかできないかでどういう差となるか?

全然反応がない…
人は集まるには集まったが…
レクチャーしたはいいけど…

俗に言いますと、三つの自己○○に陥ります。

まぁこれは指摘されるとホントに凹むんです。私も経験済みです…

そうならないために。
(文責:谷口晋一)

〜9月25日千葉校オープンスクール開催


『わかりやすい支援だけが支援ではない』と、セラピストを10年超えて支援していてそう思うのです。

時に本人が気づかないくらいの支援をそっとし続けることだって必要なんじゃないかなぁ。

僕自身それは支援というよりも、支え手という響きの方がしっくりきます。

それも触れるか触れないかくらいの。

倒れそうになってから、場合によっては倒れてからというより。
ただ元気そうに(調子良く)歩いてる時にじっと背中を見つめることだってあるべきスタンス。

わかりやすい支援だけじゃダメなんだ、と。

普段ずっとその支え手に気づかれなくても、いざという時にさっと。

それも5年〜10年の単位で。

昨日、15年現役を続けている個人セラピストとお茶しながら改めて学んだ一つのことです。(文責:谷口晋一)

『9月の千葉校ではこのことを。』
◆ なぜ少人数開催がいいのか?

今回あえてミニセミナーとしているのには理由があります。

なぜセラピストにとって少人数のセミナー&ワークショップの開催がいいのでしょうか?

一つ目はその伝える内容(コンテンツ)から。

セラピストが伝えたいと思うテーマは、一度に沢山の人に発信することよりも参加者一人一人にしっかりメッセージを贈った方が良いものが圧倒的に多いという理由からです。

本来伝えたいと思うテーマからズレて受け取られてしまい…その後取り返しのつかない方向にいってしまったというケースもあります。

それだけセラピストが扱うテーマは繊細なものとの認識を持つべきでしょう。

その点、しっかりと向き合える少人数制というのは慣れないセミナー主催であってもリスクを取りやすくなります。

二つ目はまた今度。
(文責:谷口晋一)

〜9月25日千葉校オープンスクール開催
<<  <  65  66  67  >  >>