〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

【人間の努力は魅力的なしかも楽しいアイディアやプロジェクトに向かう。そうでないものからは遠ざかる】〜ゲイリー・ハメル(マネジメント理論家)

セラピストが関わる多くのプロジェクトは元々、魅力的なもののはず。
それがバランスが崩れてしまうのはなぜなんだろう?

僕自身の(ホロ苦い)経験上、往往にしてあったのがこういったことの数々。

自分の努力をチームメンバーに同様に求める。
結果にこだわりすぎて、そこまでのプロセスを飛ばす。
◯◯すべき、といったあるべき論が頭の中を占め始める。
共に関わる人へのリスペクトからくる目に見えた行動を欠く。
軌道修正するときに原点の感覚を低く捉える。

人や物事が遠ざかり始めてから引き返すのは物凄い大変でした。

なので、人が努力したくなるそういった感覚を無下にしてはいけない、と今ではそう思うのです。(文責:谷口晋一)


今回の群馬校のテーマは、プロフェッショナル講師のための学びでした。

参加された方の中には、海外の生徒にジャパニーズセラピストとしてビジネスマナー(おもてなしなど)をレクチャーしているセラピストもいます。

こんなときに日本のセラピストのこれからの未来を垣間見る事ができます。(文責:谷口晋一)



日々生きていれば。
自らに変化が必要と感じることがあります。

変化の理由を人工知能の時代とか社会情勢がどうとか言ったりしますが。。内側から湧き上がる感覚なので、まぁ後付けの所もあります。

湧き上がってきちゃうから仕方ない、というのがホントのところ。

で、それにもう一つ意味を加える。
“ターニングポイント”
分岐点という名の変化。

“ティッピングポイント”
臨界点という名の変化

“シフトチェンジ”
軌道修正という名の変化

“ギアチェンジ”
切り替えという名の変化

変化という言葉に都度プラスアルファで意味を持たせておきますと、それからの行動の指針となったりします。

なんだか言葉遊びみたいですが、実はマンツーマンサポートなどでセラピストと対峙する際にとても大切にしていることです。

サポートを受けるセラピストたちは、内側から湧き上がる感覚を言葉に置き換えることによって行動に指針を得ることができるからです。(文責:谷口晋一)


ここ数ヶ月。SNSタイムラインを見ていますと。
新たな学びを始めた(終えた)人が目にとまります。

改めて学びというのは『いつからでも。どこからでも。誰からでも。何からでも。』なんですね。

学校に通う人、書籍や学びを提供する人から、自然や出来事から、知人友人とのやりとりからだって。

物事への好奇心や想像すること、アンテナを立てたり、行動したり。

『学んだ後にそれがすぐに反映される訳じゃない。でも、(そのことを)学ばずにはいられない。』

そんなダイナミックなうごめきが僕のタイムライン上ではあります。(文責:谷口晋一)

セラピストが変に意識してしまうのがお金のこと。

ならべく触れないようにしたり、心の障壁外せー!と反応したり。

ごく自然に、大切なものであり、かつ過剰に意識しないという絶妙な距離感でお金と関わる。

そのためには
・時系列で立ち位置を知り
・統計から客観情報を把握して
・大事なポイントを絞って
・自らの特徴(強み)を知り
・優先順位を決めて第一歩を踏み出す

そんな学びこそがお金に関する学びとなるのではないでしょうか。

【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」


色んなことを広げていくときはイケイケでいけます。

でも。何かを起点に絞っていくときにはイケイケとはいきません。

いわばそんな時にこそ本質が現れる。

広げるときは外へのエネルギーを発っしますが、絞るときには自分自身に向き合うエネルギーがいる。

この自分自身へのエネルギーは時に自分を傷つけることだってある。

だからこそ。絞るときこそ本質が見えてきます(文責:谷口晋一)


8月に東京にて『セラピストのためのマネー講座』(BABジャパン主催)を開催します。

※これは隔月刊セラピスト6月号の特集で記事となった同テーマの反響が大きく、問い合わせもかなりあったために急遽開催されることとなったものです。

マネー講座というタイトルではありますが、電卓片手に数字を追いかけるものにはしません。

セラピストとして活動する上で必要な、様々な形でのマネー(お金)をどうセラピスト自身の味方にしていくか?を5つのステップで学んでいくものです。

ただ一方的に講義するのもなんですから最後にはフリーディスカッションやオープンコンサルティングの時間も取って、『あなたにとって今取り組むべきお金に関することは。。』など個別のアドバイスもしていく予定です。

隔月刊セラピスト6月号の特集記事の統計データも「実はオイルトリートメントをしているセラピストはここでは。。」みたいな感じでもっと掘り下げて伝え様かなと思ってます。

少し苦手意識のあるセラピストさんも是非ご検討参加くだされば!(文責:谷口晋一)

【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」


オリジナル講座におけるノウハウ。

たとえそれがどんなテーマであっても組み込んでおきたいものでもあります。

しかし。これがノウハウです!とアピールしても。

ただただ一瞬で、劇的にといった言葉でアピールしてもそれはノウハウとは言えません。

ノウハウというのはわかりやすく言えば普遍化されたもの。

どんな環境にある人でも、それを見聞きすれば第一歩を踏み出せ、またその先も見通すことのできる様なものです。

一見当たり前の様なものであったとしても、それをどう伝えるか?

それこそがオリジナル講座としての価値となります。

【群馬】6月14日(水曜)「プロフェッショナルのための講師一日集中講座〜オープンコンサルティング」

facebookイベントページ


皆さんは何かが頭に思い浮かんだとき。どうしてますか?

何か書き留めたり、形にすべくアクションしますか。

僕はそんなとき。
発することを通して修正や整理してます。

主には一対一で。

「おー!それすごいねぇ!」と話半分でリアクションする人もいますし、全否定から入り全否定で終わる人だっています。

しかし。
相手の反応そのものよりも。

やりとりしながら自分の中で整理できていないことや、整合性が取れていないことに気づくことの方がむしろ大切で。

相手に答えを求めない中でのやりとりの価値がそこにあります。

結局のところ、それは本質の周りにこびりついた諸々のものを削りとっていく作業でもあるのです。

そして僕もまた、相手のそんな作業に喜んでお付き合いするという。(文責:谷口晋一)

スクール運営や講義をする際にその内容がオリジナルな価値かどうかの判断はどこでされるのでしょうか?

講師が『とにかくいいんです!』と言った所で、まったく評価はされません。

やはり学ぶ側の吸収度合いと実践していくプロセスを、
メインコンテンツと共に具体的な事例やアレンジで一人ひとりにいかに寄り添い提供できているのか?

つまり、オリジナルとしての価値かどうかは受け手の側の変化に寄るところ大なのです。

そこには講師の思い入れとは別の価値として据えなければなりません。

そこを理解しているかどうかで、講師の熱意が空回りすることなく受け手だけでない、その先の社会的な価値として見出されていくのだと思うのです。

来月に群馬で行うこの講座でも是非そこを見出してもらえる様学んでいただきます。(文責:谷口晋一)

【群馬】6月14日(水曜)「プロフェッショナルのための講師一日集中講座〜オープンコンサルティング」

facebookイベントページ

1  2  3  >  >>