〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

お金や経営、収益などに関わる講座の場合。

受講者のステージはバラバラなことが多いので、講座全体としては基本→ポイント→適用。の流れとなります。

しかし適用の段階でより突っ込んだ事を知りたくなる、それもまたこの講座の場合はありうるわけです。

たとえば。
スタッフの賃金制度についてとか、価格改定のタイミングやその設定額について。借り入れや支出の具体的な案件など。

基本やポイントを共に学んだ後に聞く質問がとても個別的なものであっても、その他の受講者にも適用できる。

それが講座の良い所です。

今回も最後はオープンコンサルティングと称して生々しい質問も可能な限り応えていきます。

それもそこにいる一人一人に適用できるキーワードをちりばめて。(文責:セラピストの学校谷口晋一)

【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」

★ 全員が横を見て同じアクションをしても。
⇒収益を上げ安定化させる。
8月22日開講のマネー講座では、この一点にフォーカスし様々なアプローチから学びます。

最後のステップ5では、
あなたはどこから?というキーワードで優先順位を決めていくためのアドバイスをする予定です。

ただこれについてせっかくお金の基礎的な学びをしても、自身の状況とタイミング、環境を正確に捉えていないと。やはり良い結果(収益アップと安定)は望めません。

講座当日。あるセラピストには
『なによりすべきことは、売上を上げることかな。具体的には◯◯を』
とアドバイスし、

あるセラピストには
『今、そのテーマで投資すべきでしょう。特に○○を先に』
などとアドバイスすることでしょう。

全員が横を見て同じアクションをしても、収益というのは上がったり安定はしないものです。(文責:セラピストの学校谷口晋一)

【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」

★ セラピストが投資をする際におさえるべきこと
セラピストがその活動を発展させ収益をあげるために投資をする。
(投資というのは、先にあなたの時間や費用をかけてそれに見合ったリターンを得るということです)

いったい何に対してでしょうか?
新規技術、使用オイルや機械、内外装、web関連、経営スキルなどなど。
あげればキリがありません。

ちなみにこんな言葉を投資するヒントとして頼ってはいけません。
『これからのセラピストは○○すべき!』的なものや『もう○○をしていないセラピストは生き残れません』的なもの。

つまり、普遍的な(誰が投資してもリターンされる)ものは残念ながら存在していませんし、個々のセラピストが個々に投資すべき対象を見極める必要がこれまでにも増して重要だということです。

マンツーマンサポートなどではセラピスト個々の対応ができますので『今のあなたには。。』という前提でアドバイスできます。
そして今回のように複数人が集まる講座では、あなたに必要な投資分野を見極めるための発想。をまずは伝えます。たとえば

⇒どんな流れを読み、誰のニーズを知り、自分の何にフォーカスすべきかを見極める。

この発想から一人ひとりの投資ポイントやタイミングを学んでいただきます。

【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」


★ ベトナム探訪から見えてきたこと。
今回少しの時間でしたがベトナムに行ってきました。
探訪記という形でアップしていますので色んなことを書いていますが、とても可能性を感じた数日間でした。

今回のために、セラピストの学校をベトナム語にした名刺を用意してやり取りしたのですが。
ベトナム人の何人かには『医者になる人間に教えているのか?』と聞かれたこと。

うーん。セラピストという肩書きで世界中すべて通用するのではないというのも気づかされたことでした。

◇ベトナム探訪記〜動きのある国ベトナム
『昨晩遅くに現地入り。なぜかのスウィートルーム並みな部屋で一晩過ごし、朝目覚めたらとっても綺麗なビーチが目の前にあって散歩してきました。。』

◇ベトナム探訪記〜ゼロからイチとするために。
『昨日のベトナム探訪スケジュール。オフィシャルな場面が続きました。午前は二つの企業を訪問。そこでは。。』

◇ベトナム探訪記〜今回手がかりをと思っていたものの一つ。
『ベトナム入りしてから三日目。お腹も壊さずホームシックにもならず。怖いのはスゥィートルームみたいな部屋での生活に慣れてきてしまっているということ。。』

◇ベトナム探訪記〜この地で立てた“鬼の三箇条”
『昨日はスパ巡りでございました。正味六時間オイルにまみれる!今回はホテル併設ではなくいわゆる街スパというサロン。路面に出店し。。』

◇ベトナム探訪記〜探訪の旅、もう一つの“なさそうでありそうなもの”
『今回のベトナム探訪の旅。実際に色んな所に出向き、様々な出会いもあり、諸々可能性を見出せた旅でした。。』

(文責:谷口晋一)

今回の講座。「現代のセラピストたち」と題して隔月刊セラピストの特集で取り上げたセラピストたちの今を統計データで示しています。

誌面上では%で割合や行動スタイルを伝えています。

しかし、それだけでない項目ごとの組み合わせやそこで書かれていたコメントの数々を通してどのジャンルのセラピストがどういった傾向があるか?
また、なぜ皆それを取り組むことで成功しているのか?
などを解説していきます。

参加者の関わるセラピージャンルにおける特徴などもこの統計データの奥側からレクチャーしていきます。実は周囲が取り組んでるからといってすべて同じパターンが当てはまるわけではないのです。

身近な周囲と違っていたとしても収益を上げることはできますから。(文責:セラピストの学校谷口晋一)


【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」

★ ベトナム探訪記〜きっかけは一冊の本。
只今、成田へ移動中です。
自宅から成田までの時間と日本からベトナムまでのフライト時間がほぼ同じなんですよねぇ。

さて、今回のベトナム探訪。
期間も数日ですし、エリアも限定されてます。でも見るもの聞くことすべてがきっと初めて。

今回のアクションのきっかけ。実は、
去年末発刊した書籍※です。

その中でセラピスト・シェルパを30カテゴリーに分けて紹介したのですが、唯一実際にインタビューできなかった存在がいまして。

それがインターナショナルアテンダントという、日本国内で活動するセラピストの活動フィールドを世界中に広げ繋げていくシェルパ。

執筆中、これだけは具体的な人物がパッと思い浮かばない。

なのにこのシェルパについてはどうしても載せたい。

たぶん今はいないけどこれから必ず必要とされ、存在としてクローズアップされるはずだから。という根拠なき思い込み。

「数年後、こいつを手にしたセラピストが『この本のおかげで世界中に活動範囲が広がりました!』ってメッチャ感謝されますから、ね?』

と編集担当者を説得し、晴れて掲載に至るわけです。

しかし発刊後。
僕に一つの宿題が課せられました。
そいつを見つけてこい、という(苦笑)

一方で。見つけられなきゃどうする?やれんのか?という自分の中に湧き上がる気持ちを抑えられなくもなってきて。

まさに『湧き上がる好奇心に鈍感になるな』です。

ということでどうなるかはまったく予想もつきませんがとりあえず、ベトナム行ってきます。

あー。それにしても成田まで遠いな。(文責:谷口晋一)

※『セラピストは一生の仕事〜心づよい味方となるセラピスト・シェルパ30』(BABジャパン刊)


★ “なさそうでありそうなもの”を見つけに。
明日からちょっとベトナムに行ってきます。
残念ながら夏休みのバカンスじゃなく、ガッチリビジネスでもなく。

“なさそうでありそうなもの”を見つけに、という感覚です。

自身が今まで携わってきたこのセラピスト分野において。

世界から見たそれってどうなんだ?という好奇心や、今の環境状況このままでいいんか?数年先は。。いや確実にイカンよな、という本能もあり。

僕自身にとっては。
今このタイミングで何か一つでも掴むきっかけを得るために。

その第一歩に過ぎませんが。(文責:谷口晋一)

おそらく。私が携わるセラピスト業界のプロセラピストたちだけではない、多くの職業技能者は日々技術向上のためにはお金と時間を惜しまない傾向があります。

ちなみにセラピストの業界に特化して言えば技術講座の平均的単価は座学講座のそれと単純比較して差がはっきりしています。

もちろん技術向上のためにお金をかけることも大切ですが、現状『投資ではなく消費』となっているケースが少なからずあります。

それは、同じ学びであっても意味合いがまったく違います。

学んでいる自分にご褒美。ではなく学んだ先の価値ある返し(リターン)があるかどうか。

つまり自身が今何に時間と費用をかけるべきか?を掴めているセラピストは自ずと収益は安定かつ上がっていきます。

本講座では最後アドバイスタイムがありますので、参加者個々の投資ポイントについてアドバイスしていきます。(文責:セラピストの学校谷口晋一)

【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」

今より収益を安定化させるためには一般的な経営などの知識や業界や地域、ジャンルに応じた取り組み(ノウハウなども)が必要です。

しかし実際にはセラピスト個々人が潜在的にどうしたいのか?の部分を無視してノウハウなどを詰め込んでも良い結果は得られません。

そこで講座の中でのステップ4ではセラピストの学校の講座では時折実施するインフォーマルアセスメントをします。

アセスメントの目的はいわゆる性格診断などではなく。

セラピストであるあなたが収益を安定的に得ていくために個々の性質を客観的に捉え、取り組みの優先順位を決めていく際のヒントとできればというものです。
(文責:セラピストの学校谷口晋一)

【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」

セラピストライフステージというものがあるのをご存知でしょうか?

なんでもやってみる駆け出しの頃のランステージ。
反応も多く何かと忙しいブレイクステージ。
そして、安定と次を見据えるフライステージ。

セラピストが収益を正しく得ていくには各々のステージを把握してズレがなく、無理やり感を持たせないことが大切です。

そのためには自身のセラピストライフステージを見極め、それにあった収益アップのためのアクションに繋げていくことが大事なのです。

今のあなたは、売り上げを上げることよりも支出をいかに抑えていくべきなのか?
今のあなたは、セラピストライフを充実させるための投資をしていく必要があるが、ではまず何に対して投資すべきなのか?
などなど。

どれだけ忙しくても収益が上がらずに疲弊だけしていかないために。
また新たな技術をどんどん身につけたとしてもそれをどう収益に反映させるかで焦らないために。

そんな通り一辺倒な知識でない、歩みの知恵をこの講座で身につけることを願ってます(文責:セラピストの学校谷口晋一)

【東京】8月22日(火曜)「他では聞けない、セラピストのためのマネー講座」
1  2  3  >  >>