〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

いよいよ明日は群馬での講座です。

今回は受講者と楽しみながら、というのが講師である僕自身のテーマです。

もちろんいつも苦しみながらか?と言えばまったくそうではありませんが。

今回は「受講者の中にあるものを引き出す」ための仕掛けがあり、講師から受講者への一方通行的なノウハウ提供ではないからです。

すでに長きに渡って活動しているセラピストはそのベースを元に方向性が定まっていきます。

しかし、スタートアップ段階のセラピストに対してはどんな絵をどの様に描いたらいいのか?の前に。

その手にあるパレットに、どんな絵の具が乗っているか?を整理して本人が自覚することこそが大切だからです。

それが分かれば今どんな絵を描き始められるのか?そしてこれからどんな絵を描いていくのか?を確信することができます。

それを見い出せたセラピストはしっかりと筆を走らすことができるようになります(文責:谷口晋一)

【群馬校】12月13日(水曜)『あなたらしく!輝く未来のセラピスト道を築く自分発掘講座』

★ 今でも人との関係性に苦しむ時には。

比較をしない。

理不尽を受け止める。

対立構造を作らない。

 

ずいぶん以前に手にした書籍にあった言葉だったかと。

ただ僕がサロンを運営していたり組織を作っていた当時、あんまりハラに落ちていなくて。

 

でも。組織の枠組みにとらわれず、目の前のたった一人の人に対してそれができているのかな?と意識する様になって。

 

はじめて沁みてきました。

 

今でも人との関係性に苦しむ時、大体この言葉の逆をしている自分に気づきます。

 

たしか書籍はまったく関係ないテーマで書かれていましたから不思議ですね。

 

今ではサロンオーナーやスクール運営者などその立場にある人たちへの支援もする様になりましたので、目の前のその人との関係性とその先にいる個々人との関係性に当てはめる言葉ともなってます。(文責:谷口晋一)


★気持ちよく『やーめた』と思ったのに。
セラピストの皆さんは何かを新たに始めようとするとき、どうでしょう?

コレならいけるかな?と思うと目の前に壁、そして壁。

難しいな、ホントに難しい。
あー上手くいかない。
ダメだよね、どう見ても。

また周囲からもそれこそまっとうな理由をいただくので、それで気持ちよくやめようとなる。ですが、

一晩寝ると。
朝から“やること前提”で考え始めている。。(これは僕自身のことなのですが)

気持ちよく『やーめた』と思ったのに、それをすっかり忘れてる。

そしてまた一人でうーん、うーんと唸ってる。

「諦めたことなど一度もありません!」とカッコつけたいですが本当のところは、
「諦めたことを忘れてしまいまして。」が正しい。

何もなかった所から何かを生み出す、そんなゼロイチ体験は決してスマートなものではなく振り切っても振り切っても浮かび上がってくる様なものと僕は考えてます(文責:谷口晋一)

今回の講座でのテーマは『自分発掘』。
そのために9つの軸を挙げて掘り下げる事をしていきます。

本当は一人でできてしまえばそれに越したことはありません。

ただ、僕自身を含めて一人自分で自身の中にあるものを掘り下げる作業というのはなかなか大変です。

少人数講座の良い所はその空間や他人の力を借りて不明確なものを自ら気づけるということ。

実は何年も活動しているベテランセラピストたちも見落としたり忘れてしまってている9つの事。

もちろんそれ一つひとつにテンプレート化できる様な正解はありません。

自分の中に浮遊しているものを捕まえて整理して、明確な優先順位とそのための具体的にアドバイスできればというのが目的です。(文責:谷口晋一)

【群馬校】12月13日(水曜)『あなたらしく!輝く未来のセラピスト道を築く自分発掘講座』

★ 自分を一度壊す作業をする。
たとえば。
セラピストを、何かを提供する立場としてみたとき。

そのセラピスト自体が、変わりゆく業界や社会の求めるものへの変化に対応できなくなっているとき。それに対して、

まったく気づかない。
意識して気づこうとしない。
気づいているけど気づかないふりをする。
など、色々ありますが。

いわゆる、気づいて動き(もがき)始める。を選択した場合その第一歩は何か?と言えば。

今までの自分を一度壊す作業をする。ということだと思ってます。

業界や社会の変化は往々にしてゆっくりです。数年、いや下手をしたら10年20年のスパンで徐々に変化していく。

一方セラピスト個人はその特徴ゆえ(特別なケースを除いては)変化への対応は10年20年のスパンではない。

もちろん。
何かをやめる、始めるという分かりやすい変化だけでなく、むしろそのセラピストの中でのカチッとスイッチが入る瞬間。

ちなみに周りはなんとなくの変化に、ん?と思う程度の。

何かを提供する立場というのは、言い換えればプロフェッショナルセラピスト。

プロフェッショナルがプロフェッショナルゆえなのは、そのカチッというスイッチを何度も入れ直しているということだと思ってます。(文責:谷口晋一)

セラピストの学校オープンスクールなどで全国に足を伸ばしていますが、ここ札幌はそこから本当に様々なコミュニティへ発展した地域です。

元はと言えばオープンスクールもセラピスト一人一人が自立していく環境のために作ったものですが、そこから様々なジャンルのどさんこセラピストたちの技術交流や情報交換、出会いの場ができています。

そこで出会ったセラピストたちと12月20日忘年会を企画。名古屋から参加します(言い出しっぺ)

もちろんただワイワイとするのでなく、
自身や地域。業界の一年を振り返りつつ、来年を想像する。

今回もせっかくなので技術交流もできるように。
そして私たちセラピストが2018年にすべきこと。やるべきでないこと。
ファシリテートします。

はじめましてのセラピストさんも是非遊びにきてください。(文責:谷口晋一)




これから活動しようと考えているセラピストにとってライフプランを立てるということ。

ちなみにこれは、いわゆる事業計画の売り上げ推移の数字をあげるだけではなく、時間を追っての詳細なセラピスト活動の姿なのですが、スタートアップの段階で一回立ててみるというのはとても大事です。

しかしこれはセラピストにとって思いの外、難しい作業です。

なぜか?と言えば、時間軸で捉えるのは順序を追って進めていく必要があり一人でその作業をしても大抵筆が止まってしまうからです。

今回の講座の様にワーク中心のものは、まさにそれを解決していくものです。

9つの軸を言葉と文字に残していってそれをパズルの様に当てはめていきますと、セラピストにとってのライフプランとして出来上がってきます。

それはあなたにとって輝く未来を指し示すものでもあるのです。(文責:谷口晋一)

【群馬校】12月13日(水曜)『あなたらしく!輝く未来のセラピスト道を築く自分発掘講座』


★ 架け橋という立場はそれ以上でもそれ以下でもない。
セラピストの業界にも架け橋となる存在がいます。

『目の前にあるけど簡単に渡れない、その世界に行くための存在。』

クライエント世界との架け橋。
他業種連携としての架け橋。
時代から時代への架け橋。
地域内発展としての架け橋。
ジャンル間交流の架け橋。
他国同業との架け橋。など。

セラピスト業界に長くいればどうしたって視野が狭くなる中で、ふと立ち止まらせたり前後左右を見させてくれる。

セラピストへの支援や解決、提示や導入、継続、発展など。
やり方は様々ですが、共通していることは常にその立場に徹っする瞬間を有しているということです。

セラピストとしての経験も大いに活かされますが当事者発想とは別の視点を持ち、橋を渡る当事者からはよく見えない所にもエネルギーを注ぐ。

ましてや架け橋がその橋をメインで渡ろうとはしないし、橋の価値をことさら強調もしない。
渡った先のことの方が大切だと知っているから。

あくまでも架け橋として。
その立場はそれ以上でもそれ以下でもないのです。(文責:谷口晋一)


★ ベトナム探訪記第二弾〜小さな一歩の積み重ね〜Cọc nhỏ
視察最終日もスケジュールはびっちり。

前の晩。現地の人が食べる路上の店で適当に指さして出てきた揚げ物を食べたのですが。

思いっきり胸ヤケでのたうち回りながらの最悪な目覚め。
で日中、水のみで過ごすはめに(涙)

そんな中、1軒目はスパを専門にコンサルティングしている会社へ。

日本での僕のスタンスに近い業態です。
そこで聞いたのはベトナム国内のスパ業界の厳しい視点。

アドバイスに対してお金を払わない風土、すべてではないがビジネスパートナー(特に日本)とも揉めて離れるなど。

つまり単眼的なモノの考えの人が多い。

なるほどいい話ばかりではなく、聞けば10年ほど前に日本の有名化粧品メーカーで働いていたとのこと。
厳しい中にも愛がある言葉に納得。

その後ベトナム全土で5本の指に入るような高級スパも視察。

日本と違うのは圧倒的に空間を広く使えるということ。
街のスパでも4.5階の一棟全部がサロンというのが普通です。

で、そのスパ。もはや一つの独立したリゾートホテルの様。
日本人観光客もよく訪れるというので利用された方もいるのではないでしょうか?

なぜ通常よりベットが低いのか、メディカルルームを設営する理由はなにか、などの話を聞き10年続いている理由がわかりました。

そして午後からは街のスパやスクールなどオーナーと情報交換。

今、ベトナムの人たちが何を望んでいるのか?これからのトレンドは?憂いていることや日本に期待していることは?など。

共通項もあればまったく真逆のことを語るオーナーもいて。

視察する前。
『きっとベトナムではこうに違いない!』
『いや実は全然違っててやってみたら。。』
と、僕の頭の中では妄想と不安が交錯します。

すべてではないにしても、現地の声や現実を体感することこそ視察の目的であり、
こぼれ落ちそうなものを掴むというのはそんな小さな一歩の積み重ねということだったのです。

それができたのが今回の旅でした。

夜すべての視察を終えて。
ベトナム最後の食事はホテルで一人、食パンと太田胃散。

これは最後の最後でホントにシャレになりません。

日本に帰るぞー。(文責:谷口晋一)


★ ベトナム探訪記第二弾〜こぼれ落ちそうなモノは掴めるのか?〜Bạn có thể lấy những thứ mà sắp rơi xuống?
ホーチミン初日。
暑っつ。

名古屋の夏も暑いですが、こっちも負けてません。それにプラスして熱気もあります。

で、とにかく驚いたのはその交通量と原付バイクの多さです。

夕方の渋滞時は次から次へと来てなんだか笑えてきます。

ちなみにどんどんきますから歩行者用信号もほとんど意味がなく、そんな中横断するテクニックはかなりあがりました。

・一定速度で歩く。急に止まったり走ったりしない。
・左右前後上下をキョロキョロみてバイク、道路陥没などを確認する。
・空いている手で腰のあたりを上げ下げして『今、俺がいるぜ』と合図する。

それでもぶつかれば、『当たったお前が悪い』なんでしょうけど。

さて今回は国が定めた教育機関(職業訓練校)の視察。
ホーチミンはビル一棟がそんな専門学校というのがいくつもある様です。

そこでどういったジャンルの授業が人気があるのか、つまりトレンド。
そして学校側が今後どんなコンテンツを求めているのか?などを情報交換。

また発行している資格には国が定めた医療や教育などのものもあれば、民間だが海外でも評価されるようなものもあり、それを求めての入校というのは少し前の日本と同じです。

資格取得することでどの様に将来を見据えているのか?など、国民平均年齢が20代ということを考えればなるほどと。

今回の探訪で、ベトナム人はこう!というバイアス(偏見)を解きつつ、国全体の流れを知るということもできたかな。

夕方は観光客向け市場で観光気分も少し味わいホテルに戻りました。

いよいよ今日は視察最後の日。
こぼれ落ちそうなモノは掴めるのか?(文責:谷口晋一)
1  2  3  >  >>